Navi stageならではの指導内容

Navi stageでは、教材,テスト,カリキュラムなど全ての面で、最 も学習効果の上がるものを準備しています。 小学生の低学年は、読が書き" "計算”を三本柱とし、楽しく学 ぶことで、しっかりした学習習慣を身につけます。 国私立中学受験コースでは、本格的な中学受験ができます。主 要教材には、子供たちが見やすく、勉強しやすい「中学受験新演習」 を採用しています。ただ、全てを「中学受験新演習」に頼るのでは なく、学年·クラス·単元に応じた教材(オリジナル教材も含む)を 選定し、提供していきます。 公立中進学コースでは、基本事項の習得はもちろん、妙典中,市 川七中の先取り授業も行い、高校受験に備えます。 中学生は、第一志望校全員合格のため、学校の内申点アップに万 全を期します。通常授業で使う主教材のほか、学校の教科書に合 わせた副教材を用意し、家庭学習の指導·チェックも徹底します。 o 授業は、学校の進度よりも少し先の学習をすることで、学校の授 業が復習となり、理解度,定着度を深めていきます。また、定期テ スト前には、通常授業はもちろん、通常授業以外(土日を利用)に も定期テスト対策講座(会員生は無料)を行います。さらに、授業 を行うだけではなく、生徒面談を頻繁に行い、生徒の不安を軽くし、 やる気を引き出していきます。 Navi stageは、少人数で、キメ細かい授業を徹底することで、本 当の意味での“わかる授業” “やる気にさせる授業を実現し、生 徒一人ひとりの未来をナビゲートしていきます。

学年別指導内容(小学部)

1週間の学習時間

  国語 算数 理科 社会 英語
小1J 30分 30分      
小2J 40分 40分      
小3J 50分 40分      
小4S 80分 80分 40分 40分  
小4N 50分 50分      
小5S 120分 180分 100分 100分  
小5N 50分 50分      
小6S 200分 200分 100分 100分  
小6N 75分(60分) 75分      

J:基礎学力養成コース  N:公立中学進学コース  S国・私立受験コース

小1・2・3J(学ぶ姿勢を身につけよう)

きちんと学習習慣をつけることと、楽しく勉強することに全力を あげます。子供の可能性をあらゆる角度から引き出し、一人ひとり が心情豊かな人間性を身につけられるように指導します。

小4S(可能性を引き出そう)

中学受験新演習を使い始めることになります。将来的に、中学受 験をするかどうかは決めていなくても、このレベルの学習をする ことで、思考力を養成します単純な学習だけではなく、子供たち に適切な教材を与えることにより、実力は確実についていきます。 学力の伸長は、本人の力以外に与えられた環境で大きく左右され ます。できるだけ早い時期での通塾をお薦めします。

小5S (厳しく楽しく)

中学受験に直結した授業内容になります。この時期から算数が苦 手になる生徒が多くなってきます。算数の授業日を週2回に設定 することで、授業→家庭学習→授業 家庭学習という理想的な 学習サイクルを実現しました。少人数での指導のため、生徒一人 ひとりの学習状況を的確に把握し、対応することができます

小6S(一人ひとりの目標の実現へ)

いよいよ受験学年です。学力向上と情報収集が中学受験におい て重要な課題になります。少人数制のメリットを最大限に活かし、 弱点補強を確実に行い、学力向上を図ります。また、家庭的な雰 囲気のなか、保護者面談や電話でのカウンセリングなど、情報交 換もスムーズに行えます。各担当教師も中学受験を熟知しており、 志望校に応じた学習課題を的確に提示し、志望校合格へ導きます。 大手進学塾とはひと味違う中学受験を体験してください。

小4・5・6N(高校受験に向けて)

高校受験を念頭に入れた授業内容になります基本をしっかり学 習することはもちろん、学校で学習する勉強だけにとどまらず、思 考力・読解力などを養成するための発展的学習も取り入れます。 また、小6の後半には、妙典中・市川七中への進学に向けて、数学 の土台作りと英語の先取り授業も行い、県立トップ高合格を目指 します。

学年別指導内容(中学部)

1週間の学習時間

  英語 数学 国語 理科 社会
中1N 75分 75分 50分 50分 50分
中2N 75分 75分 50分 50分 50分
中3N 100分 100分 100分 50分 50分

中1N(スタートが大切)

中学1年生の授業は3月からスタートします。高校受験は、すでに この時期から始まっています。特に、新教科である英語と数学は、 得意科目になるのか苦手科目になるのか1年の学習で決まります。 基本の反復練習を徹底的に行い、生徒一人ひとりの理解度を確認 しながら徐々に内容を深めていくことで、『やればできる』という 自信を持たせていきます。 定期テスト対策では、妙典中,市川七中のテスト範囲に合わせ、主 要5教科の内申点アップを図ります。 また、中1のこの時期に家庭学習の習慣をしっかり身につけること が重要で、勉強方法の指導、家庭学習のチェックも徹底していきま

中2N (気を引き締めて)

中学2年では、学習の幅が一気に拡がり、学習する質·量とも ボリュームアップします。この時期に勉強が苦手になる生徒が多 く見られます。逆にいえば、中2の学習内容をしっかり理解できた 生徒は、苦手意識を持たずに受験を迎えることができます。とて も重要な学年といえます。各単元の基本事項を積み重ねながら、 応用問題に対応できる理論的な思考力を養成します。また、理科 社会については、内申点のアップを第一に考え、学校の進度に合 わせて、キメ細かい指導を行います。

中3N(第一志望校合格を目指して)

中学3年では、単元ごとの学習と中1·中2の総復習を行います 11月までは学校の内申点アップが最重要課題、12月以降は入試 レベルの演習と応用力の錬成に入ります。身につけた知識を自在 に活用できる応用力が志望校合格のポイントです。入試問題を公 私立別、単元別に取り上げ、実戦的な解法パターンを身につける ことに重点を置いた指導を行います。さらに、生徒一人ひとりの 志望校や理解度に応じて、何をしなければならないかを明示し、第 -志盟枯 志望校100%合格を目指します。 また、部活のなくなる9月からは『日曜特訓コース』を開講し、入 試に必要な重要単元のまとめや、実際の入試問題を解くことによ る実戦力の養成を行い、第一志望校合格を確実なものとしていき ます。